スタッフブログ

丸毛悠起子 自己紹介へ

建物の垂直を見る

2014/09/20(土) 丸毛悠起子現場

<現場にて>建ちの検査をしています。

下げ振りという垂直を測る道具を使って構造に傾きがないかチェックします。


下げ振りの原理は重りを上から糸で吊り下げ、重力を利用して垂直かどうか測定するというもの。
写真は風の影響を受けない風防下げ振りです。目盛が0を指せばまっすぐに建っているということ

IMG_9829_R.jpg
大工が入念にチェックしています。

IMG_9828_R.jpg
精度が悪いところは調整して、建ちを直します。
ここでは建ちが0.8ミリだったので、0.2ミリ以内に修正しました。弊社の大工のこだわりです

記事一覧|2014年9月

ページトップへ