スタッフブログ

新築でもリフォームでもご提案の際におつくりするのがパース図です。

今はCADソフトがとってもすばらしいのですが、やはり手描きの良さは手描きにしか出せないと思ってます。

 

そのパースをどうやって描いているのかをちょっとご紹介( *´艸`)

 

たまにお客様に「描くのに何時間かかるんですか?」と聞かれることもありますが、描く範囲にもよります(笑)

どちらかというと描く=手を動かす時間 よりもどの構図が一番お客様のご要望を伝えられるのか?なにを配置すれば印象的か?配置する家具や機器のサイズ感の把握を考えたり調べたりすることに時間を使います。

事前にヒアリングした内容を元にお客様のお好みに合いそうなイメージをたくさん考えます。

この時点で描く空間のコーディネートは頭の中では完了している訳なんです(^^)/

逆に言うと、これさえ決まれば後は手を動かすだけ!何も考えずに手を動かしてしまうと絶対どこかで行き詰ってしまうんですよね。

何事もそうかもしれませんが、計画性が大切!

 

構図、配置するもの、サイズ感が把握できたらシャープペンシルで下絵を描きます。

この時はほとんど消しゴムを使いません。なぜなら次にトレースで本番の線を描くからです。

大体の下絵ができたらトレーシングペーパーで本番の線のみを写しとります。

それをコピーして土台が完成!

下絵、トレーシングペーパー、本番線のみをコピーしたもの

そしてコピックで塗っていきます。

特に濃いめのカラーリングのインテリアはむずかしいです。。。

影や光を考えながら色を塗って完成です(^◇^)

コピックは塗ると消せないので、塗るときはかなり集中力が必要です。

塗っているときはもちろんお客様が喜んでくれるかなー?とワクワクしながら作業しています。

こんな感じで手作りのご提案を作ってます。

中にはパースを思い出に飾ってくれる方もいたりして、とってもうれしいです。

心をこめたご提案は手描きならでは。新築、建替え、リフォームをご検討中の方はぜひご相談くださいね★

 

 

 インスタも更新中!ぜひフォローしてくださいね(^^♪

⇒インスタグラムはこちら

⇒Facebookはこちら

⇒Pinterestはこちら

記事一覧

1ページ (全18ページ中)

ページトップへ