無垢の床のメリットとデメリットを教えて下さい。


無垢の床は経年変化とともに味わいが出てくるのが魅力です。同じ傷でも合板フローリングは劣化と感じますが、本物の木に付いた傷は味わいと私達は感じます。

デメリットとしては、まず水に弱い点。水跳ねが染みになったり、ジュースなどをこぼした場合直ぐに拭かないと、中まで染み込んでカビの原因になります。このため、小さなお子さまがいるご家庭は、汚れやすいダイニングテーブルの下にしばらくビニルシートを敷かれる方もいます。

無垢材にも樹種により様々な特徴がありますが、例えばパイン材のフローリングは素足で踏んでもサラッとしており、合板フローリングと比べてヒヤッとする感じは少ないです。ですが木自体は柔らかく傷が付きやすい素材と言えます。天然素材なので個体差もありますが、温度や湿度の影響で反ったり、溝がすいてきたりする場合もあります。こういったデメリットもご理解いただいた上で、無垢材をご採用いただいております。

一覧に戻る

 


さらに詳しく知りたい方へ


これまでの施工実例が多数掲載された写真集や、ヴィンテージホームズの家作りについてよく分かるコンセプトブック、標準仕様をセットでお届けします。


資料請求はこちら

 

◆◆◆


土日カフェ
無料プラン相談会


体験派の方には『見学会』などのイベントや気軽に質問ができる『個別相談会』がオススメ。考えはじめたばかりの方も大歓迎です!近々開催のイベントに是非参加して下さい。

 


3月開催!土日カフェ個別プラン相談会

 

◆◆◆


よくあるご質問(Q&A)新築編


 

 近日開催新築完成見学会!


フレンチスタイル完成見学会

 

ヴィンテージホームズについて|よくあるご質問(Q&A)新築編

ページトップへ